holaまちがえた

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ポツネン」2012年 小林賢太郎

<<   作成日時 : 2012/03/21 01:55   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

画像
画像


横浜で6日間演った後、

パリで3日間、モナコで1日、公演するそうです。パフォーマンスの本場というか元祖というか、その地で試したくなったのかな。それとも苦労をかけたスタッフへの慰安旅行かな〜〜それならそれでよし。

パリ 2012・6・14〜16(土)パリ日本文化会館(エッフェル塔からセーヌ沿いに300mくらい南へ)http://www.jpf.go.jp/mcjp/index.html
450席くらい。多分地下の大ホール。

モナコ 2012・6・19(火)  グレースケリー劇場
http://www.tpgmonaco.com/index.html
わ--可愛い!350席くらいかな。いいなぁ。モナコはカジノもあるしな。

長ーーーーいこと海外行ってないなぁ。今会社のパリ事務所にはM上さんがいる。M上ママは仏語がペラペラだ。おみやげを抱えていけばきっと通訳になってくれる。私も第二外国語は仏語だったが今や読めもしない。

もともと亭主が転勤にならなけりゃM上さんのいる間にパリに行こうって言ってたんだし、この際不眠不休で被災地巡りをしている夫は捨てて「ポツネンとカジノの旅」はどうかしら。 離婚されるかな。
されなくても一生言われるな。

横浜のチケットさえ取れればいいんですよね。

あ、でもいいなぁモナコ。カジノ行きたいなぁ・・・つい妄想が入って旅の計画など立てて見る。ぐわぁ!モナコ、ホテル高!一泊5万超えてるよ。
やっぱカジノ付きだから?でもラスベガスなんかホテル代は只みたいなものなのに。
あぁでもいいなぁリゾート地。

Theatre Princesse Grace で「ポツネン」観劇。さ、夢は寝てからにして明日のお弁当の準備しよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ほーかさんこんばんは〜。
パリとモナコの会場貼ってくれてありがとうございますp(^^)qうっかり魂持ってかれましたよ。いいなぁぁぁ

ポツネンさんは何語か話すんですかね?マイムで通すのだろうか…。

チケ争奪戦を思うとげっそりです(;_;)お互いとりあえず横浜ですね。
でもほーかさんのモナコ遠征、ひそかに願っちゃってます(^^ゞ
ずず
2012/03/21 23:29
>ずずさん

モナコは美しいところのようですね。行ったことないけど。まだまだ家族をほり捨てて遊びにはいけません。orz 
ほーか
2012/03/23 12:27
そうですね。うちも娘が早く大人になって、一緒に遊びほうけてくれる日を待ち侘びています。

ところで昨日高野聖観てまいりました。
ただただ、板東玉三郎様の異様なまでの美しさに圧倒されっぱなしで…。お芝居されている姿はほぼ初見でしたので、半ば恋心に近い気持ちでスクリーンを眺めておりました(男目線)。
怪しく美しい世界観も好みでした。素敵な作品を紹介して頂きありがとうございます。海老蔵さんバージョンも是非観てみたいです。
ずず
2012/03/24 16:52
>ずずさん アレで収録時60歳ですからね玉さまは。私が初めて見たのは忘れもしないいつだったか、1979年金沢で、天守物語の29歳の玉三郎でした。どれほど美しかったか。あの美しい姿が何故残っていないのか!でも記憶の中に自分のため息と共にちゃんと残っています。それほどの衝撃でした。 あぁ見せたい!「天守物語」は95年の映画でも残っているので是非。宮沢りえも可愛かった。「夜叉が池」も映画が良かった。加藤剛がはまり役でした。舞台と変わらず楽しめると思います。 5月6月は猿之助襲名でスーパー歌舞伎「ヤマトタケル」だそうです。演劇っぽくて余りオススメできません。亀治郎(今度4代目になる)は女形を演らせるとなんとなくあやしい、妖艶な美女に変身してゾクッと来るのですが立役としてはどうかな〜〜まだわかりません。また演目が襲名だから澤瀉屋として仕方ないのでしょうが「ヤマトタケル」。う〜〜ん個人的にあんまり好きじゃなくて。歌舞伎は歌舞伎座ファンと新橋派に分かれていまして(いやいました。です)澤瀉屋は上手いんですがなんというかちょっと頭が良くて(お勉強ができるという意味です)それがかえって「空っぽの肉袋」になるんを妨げているような。
中車(香川照之)も「静かなるドン」の頃から見てきて、その頃は猿之助の息子だと知らなかったし、亀治郎も出ると聞けばチケットを手配するのですが「ヤマトタケル」はなぁ・・・。
ほーか
2012/03/24 23:38
29歳の玉様かぁ…。あの絶対の美に加え、若さ故の危なかっしい繊細さを併せ持っていたかと思うと恐ろしいほどですね。拝見したかった。天守物語も気になっていたので近々観ます。

玉様の舞踊集のDVDBOXはどうでしょうか?高価なもので二の足を踏んでいますが、手元に残しておく価値のあるものでしたら購入も考えています。
ずず
2012/03/25 11:14
>ずずさん

私には手に余るご相談でした。何故夫は舞踊だと寝てしまうのか。私もよっぽど頑張んないとうつらうつらがやってくるのか。考えているうちに三味線の迷宮に入ってしまいました。
玉様の舞踊なら新作の方をお勧めします。まだDVDになっていませんがそれは美しい着物で、踊りもダレさせません(観客を)。
仙台市立図書館で借りるかツタヤを利用するかしてからでも遅くないと思います。長い話になったので日記にしました。m(_ _)m
ほーか
2012/03/26 15:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ポツネン」2012年 小林賢太郎 holaまちがえた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる