香川県 うどん法事

一、客が来たら、お茶より先にうどんを出す。

うどんは湯だめ。うどん玉を湯がいて、お玉いっぱいくらいの湯と一緒にうどん用の鉢に入れる。小皿にすりおろした生姜と讃岐細ネギのみじん切りとごまを入れる。出汁(ツユ)は猪口に入れる。総て熱い。うどん用御膳に三点を盛ってお出しする。

お替りの声に応える。


ニ、お替りが終わったら、お茶を出す。

三、お経が始まる。

四、最初のお経が終わる。お茶とお菓子(生菓子2種類)を出す。

五、二度目のお経が始まる。

六、二度目のお経が終わったら、お茶とお菓子(四とは違う種類で2種類)を出す。

七、三度目のお経が始まる。

八、終了。おみやげをさし上げて散会。

お土産の中身。お供えしていた果物。海苔(箱や缶に入ったもの、包装する)、お菓子一箱(1000円くらいの詰め合わせ)、半生うどん。


うちは9軒ぶん+おじゅさん三人(お坊さん)で12個お土産。お坊さんには御膳料(食べて帰られないので一人につき5000円の食事料を渡す)。
お布施7万円。

こんなとこかな。


用意するものと用意すること。


お花、一対、写真の横の小さい花一対。8000円
果物 お供え物として、12で割れる数の果物
半生麺  12個
海苔    12個
お菓子   12箱

生菓子   48個から~50個(4種類)


注文しておくもの

果物
お花
半生麺
海苔
お菓子

そして当日のうどんと出汁!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック