8月納涼歌舞伎 昼の部 「髪結い新三」と「かさね」

画像


一、梅雨小袖昔八丈(つゆこそでむかしはちじょう)
髪結新三
 
   
髪結新三 三津五郎
弥太五郎源七 橋之助
下剃勝奴 勘九郎
白子屋娘お熊 児太郎
家主女房おかく 亀 蔵
車力善八 秀 調
加賀屋藤兵衛 家 橘
白子屋後家お常 萬次郎
家主長兵衛 彌十郎
手代忠七 扇 雀


二、色彩間苅豆(いろもようちょっとかりまめ)
かさね
 
   
かさね 福 助
与右衛門 橋之助

   


三津五郎の新三は初めて。夜の部の棒しばりでも感じたけれど、勘三郎の代わりに勘九郎に教えてる気がしました。泣かせるなぁ三津五郎。

新三は全然悪いやつに見えなかったが。菊五郎が新三、勝奴を菊之助が演ったときはもうもう新三も悪いが、菊之助がほんとに悪いやつで嫌なやつで、悪役が上手かったなあl。

それに比べると勘九郎は愛嬌のある親方思いのいいヤツで、ちょいともったいなかった。

それに、新三を懲らしめる、家主が彌十郎で、その連れ合いが亀蔵じゃ、誰も勝てっこないわなぁ。

扇雀さんは、ホントに力も金もない優男が似合うわ


「かさね」はすごい昔の長い長い因縁話を歌舞伎にしたやつで、その長い話はーーー当然だれでも知っているーーーが前提で、そのクライマックスだけを舞踊劇にしたものなので、何がなんだか分からない。

帰ってから夫に聞いたら「あぁあの話の踊りだったのね」とやっと分かった。眠かった。何故橋之助で私は眠くなるのかしら。

昔、一の谷だったかな、のメインが橋之助だった時もぐっすり寝てしまって、その時途中で勘三郎と三津五郎が馬に乗ったふりで(確か馬の首を足で挟んでた)一騎打ちの場面があって、アレはすごかった。
眠気が吹っ飛んだ。緊張感がすごくて、ほんとに騎乗して戦っているように見えてきた。

橋之助をけなすつもりはないんですよ。法界坊の時はよかった。兄貴と踊るとどうもさえない気がする。

えーーーっと、「かさね」は父を殺し、母と密通した色悪と結婚したのでその因果で顔が醜く、足が不自由になる「かさね」さんを亭主(色悪)が殺す。みたいな話です。


大入り満員でした。全席ソールドアウト。

なんで行ったかというと一番の理由は浴衣を着るためです!納涼歌舞伎に浴衣で行く!わ~~い。
友達と二人で竺仙で浴衣を仕立てて、合う帯を下駄をバッグを探して、楽しい夏準備でした。
友達はすごく似合ってたけど、私は10キロは痩せないとビア樽だわ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック