母が死んで3ヶ月たった

お母様は夫の母親。

嫁に来て最初におうちに行ったときは「何かしてもらわなけりゃ」と台所でネギを洗って外側をとって根っこを切って、
それから先っぽも少し落として、2つに切って、2本を並べて


「ホーカさん。刻んでくださる」  と、包丁を添えて聞かれた。

次に帰ったときは善通寺さんにお参りに行ってちょうど出ていた屋台のたこ焼きを買おうとしたら、そんなものがどうしても食べたいの?じゃぁいいからここで待っていなさいと買いに行かれた。

人目を気にしてそっと2人前買って私達のところに帰ってらして「包装はしてもらえなかったから」と隠して・・・

私と夫はその場で食べるつもりだったけど、あまりの緊張感に家まで我慢した。

大分介護が必要になって、粗相した時は泣かれたけど、「大丈夫ですよもう綺麗になりました」というと笑ってくださった。
娘や息子の前では遠慮して自分のことはいいからとカッコつけてたけど、私には甘えてアレしてコレしてだった。

ちゃんと付き合ったので亡くなってからもお母様は私の中にいる。

葬儀の時は色々思い出して泣いたけど、悲しいというのとはちょっと違うような気がする。


水曜どうでしょう祭は春に予約した。結婚してからどこにも行ってなかったのでもう我慢も限界!とわがままを通した。
お母様が亡くなったのが7月の終わり。祭は9月初め。

49日の法要も済まないのにお祭りになんか行っていいのか。私は胸の中のお母様に聞いた。

「いい、ホーカさん。誰にも言っちゃだめよ。こっそり行きなさい」

わかりましたお母様。という訳で行って来ました初北海道。

ちゃんと生きてる間に付き合えば死んだ後も心の中にその人はいます。言うことみんな分かるもん。

私はお母様が大好きです。


この記事へのコメント

ぐらんばーぶ
2013年11月10日 01:15
素敵なお姑様でいらっしゃいましたねぇ。
たこ焼きを買うこと事態が恥かしい(笑)事だからホーカさんには買わせられない・・・思い切って お義母様が(笑)
お上品な方でしたね。

夫の母はすっかりボケてしまい四人の自分の子供達の事を全部忘れ病院に行く度に私を手招きで呼び寄せ「あの方何方?」って小声で訊くのです(笑)私の夫ですが・・・

最後まで私だけ覚えていてくれました。

なので義理の姉や妹が私に辛くあたって・・・これって変でしょう?

御通夜も葬儀も針のむしろでした。

もう13年経ちましたが義母の声は聞こえてきます(笑)

良しにつけ悪しきにつけ こういう事をしたらこういう風に言われるってね?
2013年11月11日 23:08
こちらではほーかと名乗っています。

旧家の長女で婿をとって家を継いだ母でした。小学校の先生などもしていました。上品で心配症で色の白い美しい母でした。

うちの母もおんなじで、せん妄や認知症が出ても私のことだけは分かってくれて、夫は「どちら様でしょう」とか聞かれて落ち込んでいました。

姉や妹さんにいじめられることはありませんでしたが。(笑
ぐらんばーぶ
2013年11月13日 01:47
義理のお母様を大好きって言い切れるほーか様。
お姑様に恵まれて・・・だけでなく ほーか様のご人徳だと思います。

11/7にコメントを頂いていました。
気が付かず お返事が遅れました事をお詫び申し上げます。

この記事へのトラックバック