第37回「俳優祭」に行ってきました

2年に一度のお楽しみ俳優祭に行ってきました。前の歌舞伎座の最後の俳優祭にも行きました。あの時は雀右衛門さんも芝翫さんも富十郎さんも勘三郎さんも團十郎さんもお元気で・・・と思い出されて泣けてきました。

でも三津五郎さんがとてもお元気で、安心しました。福ちゃんも参加してないし、仁左さまも・・・と思ったら、模擬店にだけ参加されていました。
お顔だけしか拝見できなかったけど、お元気そうでした。(なにせ仁左さまのソフトドリンク欲しさに長蛇の列で・・・並んでたら模擬店が終わってしまいそうだったので。)

写真もいっぱい撮らせてもらって、マイミクのゆえさんと扇雀さんのツーショットまで!

あ、そーだ、ラブりんが居なかったなぁ忙しいのかしら。

橋之助さんに小銭入れを選んでもらってあーー楽しかった。

三部の鈴ヶ森は主役の白井権八が松本金太郎くん(9才)染五郎さんのご長男です。幡随長兵衛を大河くん(8才)松緑さんのご長男、6月に尾上左近を襲名されるそうです。

いつもなら大部屋の役者がやる雲助がもう豪華絢爛。もちろんおじいちゃんの松本幸四郎さんも雲助の役です。菊五郎丈三津五郎丈吉右衛門丈・・・もう笑いっぱなしの鈴ヶ森でした。くまもんも雲助でした。

左團次さんは裸に剥かれたら、黒のブラとショーツだし。最後までそのカッコで、彌十郎さんが笑い転げてました。

鈴ヶ森は何度か見てるけど、最後に見たのは白井権八を芝翫さんが演られたときでした。

フィナーレも、もうどうして勘三郎がここに居ないのか!いないはずはないのに!



一、舞踊二題
   『六歌仙容彩』(ろっかせんすがたのいろどり)
     「遍照」遍照:松緑 小町:芝雀
     「文屋」文屋:勘九郎
     「業平」業平:菊之助 小町:七之助
     「喜撰」喜撰:染五郎 お梶:時蔵
     「黒主」黒主:海老蔵 小町:玉三郎
   素踊『楠公』(なんこう)
     又五郎 橋之助 扇雀 孝太郎 錦之助ほか若手俳優出演

二、模擬店

三、『鈴ヶ森錦繍雲駕』(すずがもりにしきのくもかご)
   権八:金太郎 幡随長兵衛:藤間大河
   雲助:菊五郎 吉右衛門 梅玉 幸四郎 左團次 魁春 三津五郎 彦三郎
       東蔵 歌六 團蔵 秀太郎 水谷八重子 波乃久里子ほか幹部俳優


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック