2014年 7月大歌舞伎

画像画像


昼の部
一、正札附根元草摺(しょうふだつきこんげんくさずり)
   
曽我五郎時致 市川右近
小林妹舞鶴 笑三郎

二、通し狂言 夏祭浪花鑑(なつまつりなにわかがみ)
お鯛茶屋
住吉鳥居前
三婦内
長町裏
団七内
同屋根上
団七九郎兵衛 海老蔵
三河屋義平次 中 車
一寸徳兵衛 猿 弥
琴浦 尾上右近
お梶 吉 弥
玉島磯之丞 門之助
おつぎ 右之助
堤藤内 家 橘
釣舟三婦 左團次
お辰 玉三郎

エビちゃんはほんとに声がいい。間合いもたっぷり。でももひとつ役が入ってなくて残念。
一寸徳兵衛の 猿弥さんはうまいんだけど、海老蔵と比べると丸くて「男伊達」と言う感じがしない。残念。
お辰が顔を焼いてでも惚れ込んでる男に思えなくて・・・。
エビちゃんもっと練習してくれ。

中車は演技は完璧。さすがに上手い。つい笹野さんと比べてしまうけど。

夜の部

一、猿翁十種の内 悪太郎(あくたろう)
   
悪太郎 市川右近
修行者智蓮坊 猿 弥
太郎冠者 弘太郎
伯父安木松之丞 亀 鶴

二、修禅寺物語(しゅぜんじものがたり)
   
夜叉王 中 車
源頼家 月乃助
修禅寺の僧 寿 猿
妹娘楓 春 猿
姉娘桂 笑三郎
春彦 亀 鶴

三、天守物語(てんしゅものがたり)
   
天守夫人富姫 玉三郎
姫川図書之助 海老蔵
舌長姥 門之助
薄 吉 弥
亀姫 尾上右近
朱の盤坊 猿 弥
山隅九平 市川右近
小田原修理 中 車
近江之丞桃六 我 當


修善寺の中車は第一声だけコケた。まだ歌舞伎風の声の出し方が、なんというか出きっていない感じ。そこでとめずにずいぃぃっと出し切って欲しい。
演技は完璧。大変だねぇ。

天守物語は舞台装置も斬新で美しく、玉様もたっぷりの演技で堪能しました。
エビちゃんも玉様と絡むとさすがに上手い。

我當さんはなんとなく足元が危うい気がした。大丈夫かしら。

ところで私はこの「天守物語」を玉三郎様20代の舞台で見たのが自慢です。

勿論舞台装置も簡単で、人数も少なく舞台も狭かった。でも20代の玉様は輝くほどお美しかったわ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック