テーマ:事故

交通安全講習会

に行ってきました。随分法律が変わってしまっていて戸惑うばかりです。 まぁ順調に進んで最後に「交通事故遺族のビデオ上映」が・・・。 先週お葬式に出てから毎晩悪夢で、子供の死ぬ夢や親しい人のお葬式に出ている夢ばかり見てたまらないというのに。 免許の更新の時は俳優さんが演じる交通事故再現ビデオだったのに、今回は本当に子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麺屋 和利道 (わりと)

そんなに変わんなかったかな。 つけ麺です。相も変わらず食べてます。ツレと二人で注文大盛り(300g)と並(200g)。 当然のようにツレ(男178センチ)の方に300g私のほうに200gを差し出しながら店主(かっこいい。元気いい。笑顔!)「はい!つけ麺大盛りは~~?」 「私です」 店主私たち2人の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニュースステーション10月22日

めったに見ないのだがたまたま昨日見てしまった。 大変美人のレポーターが「謝れ~~謝れ~~。」と元裁判官の「いい絵」を撮ろうとゲスな取材をしていた。 アレを見て裁判官や裁判所を「なんてひどいやつだ」と思う人がいるのだろうか。 私は綺麗で頭よさそうな顔してるのに誰に騙されたのかこんな仕事して・・・とレポーターのお姉さ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

2009年6月17日 交通事故目撃

昼一時過ぎ、東京体育館裏、外苑西通りで5mほどの近さで交通事故。交差点。 二輪と乗用車。バツンと大きい音がして振り向くと事故。 2輪大破。見てすぐに119番。10分以内に救急車到着。命に別条はない模様。左腕から出血、起き上がれない様子。 救急隊員が来たので一旦その場を離れる。乗用車の方は4,5人乗っていて無事。車は運転席…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絶対人には言ってはいけない!3

まだ記憶に新しい福知山線脱線事故。 どうでもいいことですが、あの運転手はもう一回なんかあったら移動させるつもりだったそうです。 マンションにつっこんで電車が負けた・・・と。 まっ、しょんがねぇ~。 次女に人に喋らないようくぎをさされました。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

絶対人には言ってはいけない!2

雲仙普賢岳。火砕流。 溶岩に巻き込まれてたくさんの人が亡くなった。 あれほど熱い溶岩に全身を覆われて死ぬというのに死因は窒息死だそうだ。 どれほど長い間苦しまなくてはならないのか。人は顔はかばおうとする、だから呼吸がさえぎられる窒息ではなく皮膚こきゅうができなくなる窒息。できればしたくない死に方である。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絶対人には言ってはいけない!

どうでしょう。マトモな大人として笑ってはいけない場面・事件がありませんか。 阪神淡路大震災! 私は大阪に友人もいれば親戚もいる明け方恐ろしいニュースを聞いて半泣きでTVに見入る。 もちろん電話は通じない。 筑紫哲也が、ヘリで、神戸上空をレポート、した。 「あぁ!そこらじゅうから湯気があがって、温泉街のよ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

罪悪感って自己陶酔に近いよね。

多分大分前の電車事故あたりからだと思うけど、 「沢山の方が(亡くなられた方もいるのに)亡くなったのに、自分だけが生き残って(無事で)申し訳なくて、現場に行くことが(家に閉じこもって)できなかった(出られなかった)」 と、生存者がコメントすることがおおくなって、まるで生き延びたことが悪いことのように語られ始…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2006 2 26 ヘルメットは大事です

荒川選手を見てスケートに行った。  ミーハーである。 一時間ほど滑ったあと、転んだ。 ちゃんと尻から落ちた。 だが年齢による体重の加増と、腹筋の無さと、根性の無さでそのままパァンと乾いた音で頭を打った。 打った時「割れたかな」と思った。 前を滑るツレは気付かず、その後姿を見ながら、「あぁこれで終わりかな」と思った。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「復旧工事の中止」について

「復旧工事の中止」について 国交省からは早期復旧を迫られ、JR西はかわいそうな気もする。 鉄道工事に限らず、ビルや電気工事なども大概は近所に「工事のお知らせ」のプリントが一枚入ってくるだけだから、JR西もいつもの手順で工事を始めてしまったのだろう。 これほどの大事故でマンション住民は渦中の人という意識が強いだろうし、せめてマンション…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more